■アセットアロケーションのやり方を学ぶならコレ!

最適なポートフォリオを組むためのアメリカの既存の論文集などがまとめられています。翻訳も上手いので、理解もし易いです。(専門用語も出てくるので、インターネットで調べながら読むとよいでしょう)

株・国債・現金、国内資産と海外資産、、、人生のライフサイクルに合わせた資産配分のやり方を学びたい方は、参考にしてみるとよいでしょう^^




2007年02月11日

アセットアロケーションで行う国際分散投資

前回の記事アセットアロケーションの意味において、

アセットアロケーションとは、資産運用の仕方であるちう事を書きましたのや。

今回はアセットアロケーションの国際分散投資について説明しまっせ。


■アセットアロケーションで行う国際分散投資!!

アセットアロケーションを考える上で、考えたいのが、国際分散投資や。

今の時代、色々なリスクがおます。

為替変動リスク、金利変動リスク、社会リスク、国際リスク・・・

色々なもんにリスクがあり、アセットアロケーションを考える上で、

国際分散投資も積極活用していきたいもんや。


■アセットアロケーションと国際分散投資を考える

代表的な事例としては・・・

1.アチラファンドを利用するちうわけや。

2.アチラの土地財産・株券・永住権利やらなんやらの購入

3.アチラ預金口座を持つ

4.異国債権の購入

これらは、やまとでも出来まっけど、できるだけ現地に行って行って貰いたいトコロです。

アセットアロケーションの国際分散投資は、一箇所から行うんは危険やからや。

もし、やまとが国家破綻してしもたら・・・

当然、銀行の預貯金・証券会社の金融財産も危ないんや。

預金封鎖も考えられはるからや。

したがちう、アセットアロケーションの国際分散投資は、

できるだけそれぞれの現地で行うのがよいでっしゃろ。

また、国際分散投資とぬかしても、どこぞ1つの国に偏るのやなく、

色々な国で資産運用する事で、ポートフォリオにもなるんですわ。

ポートフォリオも広い意味では、アセットアロケーションと同じや。

アセットアロケーションの国際分散投資の構築方法を学んで適切なライフプランを計画しておくんなはれや。  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。